株式会社萬道総業

防水シート、塗料等を使用した屋根・金属屋根の防水工事全般

営業品目

公共施設・ビル・マンション・一般住宅の防水シート、塗料による屋根塗装防水工事全般。
長尺屋根金属工事及び樋工事全般。
アルミ板、ステンレス、銅板工事。

 

会社案内

【本社】
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中1丁目8番地6
TEL:0299-83-1866
FAX:0299-83-1861

【東京支店】
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町9-3 日本橋相互ビル501
TEL:03-6661-2956
FAX:03-6661-2957

【工場】
〒311-2212 茨城県鹿嶋市角折忠2285-1
TEL:0299-90-9110
FAX:0299-90-9111

 

NC network

 

HOME»  防水事業

防水事業

当社は、建物の美観保全と建物の寿命を長持ちさせるため、屋上防水工事を行っております。
当社は、住ベシート防水株式会社サンロイドDN防水システムを使用しています。
これは、旧西ドイツが多くの開発費を投じて建築・土木用に開発した、特殊軟質塩化ビニルシートによる絶縁工法(機械固定工法)の防水システムを住ベシート防水株式会社が技術導入し、25年以上経過した、実績のある防水シートです。
現在では、「機械的固定工法」として、 日本建築学会「建築工事標準仕様書 JASS8」の防水種別S-PMとして認められており、また、国土交通省「建築工事共通仕様書」防水種別ではS-M2、社団法人全国防水工事業協会「防水施工法」においては、機械固定工法として公に認知されています。

 

サンロイドDNシート防水・・・機械的固定工法

■耐久性と柔軟性に優れた定番商品
■米国で各種公的機関より公認されているエマキュアーテストによる対候性促進試験で優れた能力を実証。

 

安全設計

■地震(躯体)の影響を受けにくい

機械的固定工法は、入隈コーナー部、防水端末部にシート銅版を固定し、そのシート銅版にシートを接合する工法です。
躯体にシートを接着しませんので、躯体の亀裂・振動や目地の挙動等の影響を受ける事は殆どありません。

 

地震(躯体)の影響を受けにくい

 

■ディスク板により防水層にかかる風圧力への固定強度を実現した設計

サンロイドDN防水システムでは固定金具を用いて防水シートを部分的に躯体に固定しますので、風力圧はその固定金具部分が受ける事になります。

 

■RC・PC板・ALC板・折板・瓦棒などさまざまな構造下地に対応

各種の構造躯体に適応できる専用の固定技術(固定釘を含む)を開発しています。

 

コスト削減

■改修時の旧防水層撤去不要

ほとんど下地処理をする必要がありませんので、旧防水層の撤去が不要です。
そのため、撤去作業・残材処理・新規の下地作りや雨養生などの費用を軽減できます。

 

改修時の旧防水層撤去不要

 

■工期が短縮できます

降雨・降雪後の湿潤な下地への施工も可能なため、後期の短縮が計れます。
また、絶縁工法の為水蒸気が分散し、部分的な膨れを生じる事もありません。

 

能力の向上

■外断熱施工への適応が容易

DN防水層の下に断熱材を敷設するだけで熱損失の低減、室内側結露の低減、屋外温度変化からの躯体保護、雨音の低減が期待できます。

 

サンロイドDN防水システム及びシートや工法、種類などの詳細につきましては、当社までお問い合わせ下さい。

また、当社ではお客様のご要望により、様々な工法でのご対応が可能です。
そちらのご質問等ございましたら、是非お問い合わせ下さい。

お問い合わせのページへ